×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車校

車校を探しておられますか?

車校を選ぶのって、通いならば通いやすい場所、合宿ならば自分が行きたい地方だけで選びがちだと思います。

 

でも車校選びの一番重要なポイントは教習内容です。自動車運転の技能をしっかりと教えてくれる事が重要なんです。当たり前ですけどね。
免許取得の料金が安い事や早い事をアピールしている車校が多いですが、しっかりと教習内容をチェックしたいところです。

 

また注意して欲しいのですが、車校には公安委員会の公認を受けている車校と非公認の車校があるんですよ。
その違いは車校卒業後の試験内容です。公認の車校を卒業した人は筆記試験のみですが、未公認の車校を卒業した人は筆記試験に加えて運転実技試験も受ける必要があるんです。
公認を受けている車校の方が良いとおもいますが、非公認の車校は学費が安いというメリットがあるのも事実です。
運転実技に自信がある人ならば非公認の車校を選ぶ選択肢もありだと思いますね。

 

このホームページでは優良な車校を選び特に利用して欲しいサイトを紹介しますので、利用して下さいね。

 

おすすめの車校選びサイトです

 

合宿免許受付センター

合宿免許受付センターは自動車の運転免許を合宿して格安、短期間で取得できる車校を紹介しています。
日本全国から申し込みができ、温泉旅行を兼ねて運転免許を取得するのもよし、友達と一緒に旅行気分で運転免許を取得するもよしですよ。
楽しく最短14日で運転免許が取得できる優良な車校をたくさん紹介します!

 

▼ 合宿免許受付センターの詳細はこちら ▼

 

 

免許合宿ライブ

免許合宿ライブは車校へ申し込みされた方の情報がリアルタイムで公開されています。
だからどの車校へいつ、誰が、どのプランで申込みをしていたのか一覧で表示されるので、車校を選ぶ時の有力な判断材料になりますよ。
その車校を選んだ理由もバッチリ公開されています。
申込み情報から全国の車校の人気ランキングも公開中です。

 

▼ 免許合宿ライブの詳細はこちら ▼

 

 

パルの運転免許

パルの運転免許では、短期間で免許取得できる「合宿免許」と、通いながらマイペースに免許取得できる「通学免許」をご案内しています。
パルの運転免許の特徴は次の通りです
1、クレジットカード払い対応可
支払い方法として、「現金振込」「ローン」「クレジットカード払い」をご用意しております。
2、国内旅行傷害保険
合宿期間中の不慮の事故、怪我も安心。
3、グループ会社にて車校を経営
「車校業界の目」で提携車校を選定。教習レベルや環境など、安心して入校できる車校のみを紹介しています。
4、運転免許斡旋25年以上の実績
経験豊かなスタッフが責任持って対応します。マニュアルにとらわれない、懇切丁寧な電話対応には自信があります。
5、取扱免許 全車種取扱
普通車やバイクの免許はもちろんのこと、大型車・二種・大型特殊・けん引など、全車種紹介ができます。年齢や職業に関係なく紹介をすることが可能です。

 

▼ パルの運転免許の詳細はこちら ▼
http://www.untenmenkyo.co.jp/

 


車校の呼び方

車校って日本全国でいろいろな呼び方があるんですよ。

 

道路交通法の中に運転技能の教習を行う施設の事を「自動車教習所」と明記しています。
つまり法律の条文からすれば車校の正式名称は「自動車教習所」となります。

 

日本全国の車校の名称を調べてみると「○○自動車教習所」と「△△自動車学校」の2系統の名称が主流のようです。
しかも正式名称の自動車教習所よりも自動車学校の方が圧倒的に数が多いんです。

 

車校を自動車学校とする施設が多い理由を推測されている先生がおられ、次のように説明されています。
1.自動車教習所という名称が定められた1960年台には免許取得が一般的ではなかった。
2.免許取得が一般的になった時に、学生は夏休みなどを利用する合宿免許が増加した。
3.その際に教習所よりも学校の方が学生にとって親しみやすく、受け入れられやすいと考え「△△自動車学校」という名称の車校が増えた。

 

車校は地域によって次のような呼び方があります
関東、関西では「教習所」
東海、東北、中四国、九州では「車校」
栃木、長野では「自教」
青森、宮城では「自車校」

 

まだまだイロイロな呼び方があるようです。
いや〜、たかが車校、されど車校って感じで、奥深さを感じてしまいますねぇ。